国際会計検定はかなり実践的

国際会計検定、あまり聞かない検定だと思います。
ところが私の周りでこれを受けた人が一人います。
アメリカ留学をしていた彼女ですが、学士は日本の大学で、そして修士課程をアメリカで、という事で留学。
最初は何を専攻するのか迷ったそうですが、彼女が選んだのはMBAでした。
これって、文系の学問かと思いきや実は理系。
文系出身の彼女はかなり苦労して3年間で修了。
その学位を引っさげて日本に戻ってきたのですが、しばらくは自分とその資格を本当に必要としてくれる企業にめぐり合えず、アカウンタントとして外資系カード会社の派遣社員みたいなことをやっていたようです。
アカウンティング、これが会計なのですよね。
そしてやっているうちにMBAではなくCPAを目指したいって思ったみたい。
ただ、CPAだと血の通った簿記のようなお金の流れの仕組みとかあまり勉強する必要が無いって事で、最終目標はその米国公認会計士らしいんですが、テーマでもある国際会計検定、所謂BATICの勉強も並行してやっているようです。
この検定って合格・不合格って色分けではなく、TOEICのように自分の点数でレベルが分かる仕組みで、その点数に対して称号が与えられるって事でやりがいは大きいみたいです。
英語×会計、この二つで現実の企業で働く、職を得るって意味ではこの検定、かなり実践的で良いみたいです。

Copyright (C)2018自信につながる「会計」の知識.All rights reserved.