お勧めできるテキスト

会計学と聞くとすごく難しそうなイメージがある。
実際勉強していくと、確かに難しい用語もたくさん出てきて頭は混乱することもある。

でも、それを面白く読み解いているお勧めできるテキストもやはりたくさんある。駆け足で勉強しているのでなかったら、もっと簡単な個人商店を例にしている簿記3級くらいのテキストから初めて、株式会社を対象としている簿記2級のテキストに入る。そこで具体的な事例に触れつつ会計、というものを勉強していくのがベストかなと思う。

いきなり最初から会計学について語る本に触れてみても、やはり間口が広いので通念であったり、ハイレベルな事例であったりすることが多いと思う。

しかし、基礎的な「商売」の事例を学んだあとだと、それが逆にすんなり入ってくる。

具体的な事例に触れながら勉強をしていくと、学問がストーリーとして頭に入っていくので、文言だけで憶えていくよりもより鮮明な記憶として残るのは間違いない。

将来的に会計学を盾に仕事をしていく際も、具体例を挙げて、用語を知らない上司なりお客さんに説明できると、納得してもらえる確率もおのずと上がるはず。

Copyright (C)2018自信につながる「会計」の知識.All rights reserved.